ダイモテープライターの活用場所は?100均グッズに合うって本当?

調味料に

 調味料のラベルは主張が激しいですよね。せっかくおしゃれなキッチンにしたいのにラベルが邪魔をして…ということもあると思います。
 ダイモテープライターを使えば、調味料もエンボス加工のテープでおしゃれに生まれ変わります。100均の調味料入れで揃えてみてもいいかもしれませんね。

 

冷蔵庫の整理整頓に

 冷蔵庫の中をケースで仕切っている方は多くいらっしゃると思います。中身が見えないように白いケースに入れると、中身が主張しないのはいいのですが、逆に中身が分からない、ということもあると思います。
 ダイモテープライターを使えば、「MEAT」「VEGETABLE」など、ひと目みて中身が分かるようになります。
 ダイソーの粘土ケースなどの白いケースで仕分けをされている方に特に人気のようですね。

 

電気のスイッチに

 電気のスイッチ、意外と押し間違えたりしませんか?特に我が家は転勤族なので、覚えたと思ったら次の部屋に引っ越しで…
 そんなとき、ダイモテープライターで作った「LIVING」「BEDROOM」などのシールを貼っておけば、押し間違いをすることはありません。

 

書類の分類に

 書類の分類は重要です。特に家庭の場合、リビングやダイニングなど、目に付く場所に書類を整理しておくことも多いと思います。
 ダイモテープは英字・ひらがな・カタカナでおしゃれに文字を打てますので、リビングの書類ケースもおしゃれに変身します。100均の味気ないファイルケースもおしゃれになりそうですね。

 

クリップに貼り付けて

 書類ケースの貼るだけでなく、クリップに貼り付けてもおしゃれです。
 ダイモテープは黒だけでなく、赤や黄色もありますので、家族で色分けも可能です。至急分は赤のクリップで挟む、というのもいいかもしれませんね。

 

ケーブルの整理に

 電化製品に囲まれていると、どれがどのケーブルか分からなくなるときがあると思います。
 スマートフォンのケーブルですら、「充電専用」か「データ転送可能ケーブル」か分からなくなったりします。
 ダイモテープであれば、例えばデータ転送可能なケーブルに「D」の文字を貼っておくだけで、こういった間違いから解放されます。我が家ではケーブル類が多く、間違って捨ててしまわないようにダイモテープを貼っています。テレビ裏の配線も、転勤の度にあっちがこっち、こっちがあっちと悩まなくなりました。

 

お子様の持ち物に

 お子様の持ち物にもダイモテープは活用できます。特にひらがなに対応しているタイプであれば、鉛筆や消しゴム、お道具箱のセットにも貼り付けることができますね。
 カラー展開も豊富なので、お子様の好きな色でテープを作ることができます。